社会福祉法人日進市社会福祉協議会 公式WEBサイト

フードドライブ

フードドライブってなあに?

「フードドライブ」とは「もったいない」を「ありがとう」に変える活動です。

「フードドライブ」とは、家庭などで余っている食品を、フードバンクに寄付し、地域の福祉団体や施設、子ども食堂、生活に困窮されている方たちにお届けする活動のことです。

※1 包装の傷みなどで、品質に問題がないにもかかわらず市場で流通出来なくなった食品を、企業などから寄付を受け生活困窮者などに配給する活動およびその活動を行う団体のことです。
※2 子どもやその親、および地域の方々に無料もしくは安価で栄養のある食事や温かなだんらんを提供する活動です。孤食の解決や、子どもと大人のつながり、地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増しています。

 

「フードドライブ」は、食品ロス削減にも繋がります。

食品ロスとは、食べられるのに、捨てられている食品のこと。

日本では、年間600万トン以上の食品ロスが発生しています。そのうち約300万トンは家庭からのもの。日本人一人当たりに換算すると、年間約50kg、毎日お茶碗約1杯分(140g)の食べ物を捨てていることになります。

社会福祉協議会では「フードドライブ」を実施しています。

H30.11.18 健康福祉フェスティバルにて

「フードドライブ」ブース出展

R1.11.17 健康福祉フェスティバルにて

「フードドライブ」ブース出展

※当日、会場までたくさんの方から食料品を持って来て頂き、フードバンクや子ども食堂にお届けすることができました。皆さまのご厚意に感謝申し上げます!ご協力ありがとうございました!
※今後も、健康福祉フェスティバルでの「フードドライブ」実施を予定していますので、どうぞよろしくお願い致します。
※また、皆さんの職場、学校、仲間同士での「フードドライブ」の取り組みを応援いたします!ご関心のある方はお問い合わせください。

お問い合わせはこちらの窓口にどうぞ

日進市社会福祉協議会/天野、伊藤、橋本まで
※現在のところ、常設で食糧等の受付は行っておりませんが、フードバンクのご紹介などは可能です。”

【連絡先】
電話:0561-73-4885/FAX:0561-73-4954
メール:info@nisshin-shakyo.or.jp

【開設時間】
月〜金曜日8:30〜17:15(祝日、年末年始を除きます)

関連ページ